MANOとヨガとインドのこと

MANOのヨガのことをつらつらと書いています

嫉妬という心の動きについて

こんばんは。インドで毎日自分の感情と向き合う日々を過ごしております。MANOです。

 

今日は「嫉妬」について書こうと思います。

 

なんか、あえて書くこともなかったけど、最近自分の中にある感情の中で一番消化しにくい感情が

 

”嫉妬” なんです。

 

”嫉妬” って一般的には男女間で使うことが多く

”よくない感情” のイメージ

 

もちろん同性でも使うけど、なんか ”妬み” ってイメージが強いように思うのです。

 

なんでこんなこと書こうかって思ったかっていうと。

 

私、 ”嫉妬心” めちゃくちゃ強く出るほうで。

ほんと、よく人に ”嫉妬” してます。

 

誰にっていうか、もう信じられないくらいたくさん。

友達、家族、仕事で関わる人、男にも女にも、後輩にも先輩にも、むしろ尊敬している人にだってします。

 

可愛い人、美人な人、結婚している人、

オシャレな人、腹筋割れてる人、みんなに優しくできる人、人の話をちゃんと聞ける人、

好きなことできてる人、そもそもお金持ちの人・・・

 

そして、同世代の芸能人が結婚した報道を見た時とか、自分の好きなアーティストとあるテレビ番組で横に座っていらっしゃる某アイドルにさえ。。。

 

どーでもいいけど

LCCの飛行機で通路側の席に当たってる人

UBERで運転の上手な運転手に当たる確率が高い人とか

釣り銭ないとか言ってボッタクリに合わない人とか

 

・・・書ききれんわ!!!!!

 

英語で ”嫉妬” って表現は主に2つあって

 

すごく自然に ”わー羨ましい” の表現が

I'm jealous.

 

ちょっと妬みっぽいのが

I envy you.

 

私の場合はほとんどがいわゆる前者 ”I'm jealous.”

要はただただ ”羨ましい” 感情なんですよ。

こんなに人のこと羨ましく思うのって異常なのかなって思うくらい。

 

逆に彼氏という存在にはそこまでしない。

いや、違うな。。。

するとわかっているからこその対処を最初からとっていると言ったほうがいい。

→これ説明すると話がそれるので、これはまた今度。

 

でね。

わたし、”嫉妬” する度にすごくしんどくなってた。

 

”あーまた人のこと羨ましがってる” 

 

てね。

でも、どこかでもう一つの感情があるわけです。

 

”人と自分を比べて評価してる”

 

原因は??

 

・自分を認めれてないから

・自分を愛せていないから

 

こんなこともよく言われたわ。

 

でもさ、それが本当に ”嫉妬心” ?? 

 

なんでこんなこと書くかっていうと、

毎回、嫉妬する度にちょっと違和感があって。

ダメな感情をもっているような感じ。

罪悪感が生まれるっていうの?

たぶん同じように思っている人多いかもですが。

  

それに加えて

 

私自身も嫉妬されてることが多い。

初めてそれに気づいた時(正確に言うと気付かされた時ね)

 

え!!!??私に嫉妬してる人いるの????

私がこんなに人に嫉妬しているのに????

私の何に嫉妬するのさ??

羨ましいって??

私の人生、代わりに歩んでみなよ。まあまあ大変ですよ。

 

って受け入れるまでに時間がかかったのも事実。 

 

余談でしたが。。。

 

ちょっと整理しよ。

”嫉妬” という心の動きはだいたいこんな感じだと思うの。

 

 

①羨ましく思う

      ↓

②あーなんでまた嫉妬してるんだろ。自分と比べちゃダメだー

     ↓

③いや、私よりがんばっているから羨ましいと思われるところにいて当たり前だよね!

     ↓

④私が思っているより努力してる人なんだよ!私と比べるなんて、向こうに失礼だわ!

     ↓

⑤でもなんで私はこうなんだろう・・・

 

 

結果、自己否定で終わることがほとんどですよ(笑)

 

でさ、嫉妬してしまう対策として挙げられるのが

・自己否定をやめなさい

・自己認識(過小評価)をやめなさい

・人と比べる必要はない。自分自身を愛しなさい。

 

でもね

 

これって自分自身の過小評価ではなくて過大評価からもこの感情は生まれるんじゃないかな?

 

「これだけ自分はやってきたのに、なんであの人ばっかり・・・」

 

誰かと自分を比べて、自分より下に評価してるはずだった人がそれ以上の評価をもらうことに納得がいかないわけです。

 

これ、自分自身への過大評価のような気が・・・

なんかね、これに気づいた時に笑いすら出てきた。

 

ちょー自己中じゃん!

自分のこと大好きじゃん!

ある意味、認めてるじゃん!

努力してるって思ってるんじゃん! 

 

過小評価してるとか、自己否定が強いから嫉妬する。

=そうじゃなくなると嫉妬しない

 

そう思ってたんだもん。

 

でも、自分を認めていても嫉妬心が生まれるってことは

=嫉妬は誰でもするもの??

 

え??

あれ??

じゃあ無理になくす必要がないのか?

 

いや、そもそもここの感情に執着することに意味がない。

嫉妬してる自分を受け入れる。

 

ただそれだけ。

 

人と比べるから、自分の位置を確認して、目指すところを目指せると思ってる。

だって悔しい!って思うから顔晴ろうとするエネルギーが出るから。

 

比べたっていい

嫉妬したっていい

 

でも、自分の ”嫉妬心” に気づいた時

どの ”嫉妬” の感情なのか

どの ”位置” の感情なのか

 

自分自身が理解することが必要なんだ。

 

ま、そんなこと言っててもさ

嫉妬心が表に出ない人って私の周りにもたくさんいるわけです。

実際に嫉妬しているのかどうかなんて、その人じゃないからわかんない。

でもさ、何も感じない人は変化してないと思うんだ。

私は大好きな人にも嫉妬する。

変化し続けている人に嫉妬する。

変化している人は何かしらの感情が動いて努力している人。

 

努力のきっかけは人それぞれ。

そのうちの一つが ”嫉妬心”

これが答えでもいいんじゃないかなって。 

 

嫉妬する自分を許せるようになったし、素直に言えるようになった。

 

だって羨ましいんだもん!!!!!

わたし、そもそも貪欲だし、欲張りです。 

 f:id:manoyoga:20171019035252j:image

ヨガとは・・・心の動きを止めること

心の動きを止める(=コントロールする)ってなんだよ!って思ってたけど、わざわざ自分でそう思ってやるんじゃなくて、ヨガしてるとだんだんそうなってきた気がする。

  

なんだか少しだけヨガに出逢った意味がわかってきた今日この頃。

 

今、私がインドにいることもきっと心の動きを見るための修行なのかもね。