MANOとヨガとインドのこと

MANOのヨガのことをつらつらと書いています

ヨガで気付いた心のこと

こんにちは。MANOです。

インドからから帰って2日目。

今日は体調がどうなってるかわからなかったので、サロンはお休み。

明日からはほぼ普通通りサロンワーク

 

さて、今日はヨガと心のことについて書きたいと思います。

 

「ヨガを始めて気付いた心のこと」

f:id:manoyoga:20160829232013j:image

心ってどこにある?

心臓?意識だから頭?

 

ふとそんな質問がありました。

 

魂って何?

体って?

 

そんなことがヨガと関係あるなんて思っていなかった私は

 

?????

 

それと同時にすごく興味が湧き、ヨガ哲学にハマっていきます。

 

ちょっとだけヨガ豆知識(こんど詳しく書きます)

 

現在ヨーガと呼ばれるものの多くは動的なものであり、人間の心理に重きを置く静的な古典ヨーガの流れではない。動的なヨーガは、肉体的・生理的な鍛錬(苦行)を重視し、気の流れを論じ、肉体の能力の限界に挑み、大宇宙の絶対者ブラフマンとの合一を目指すハタ・ヨーガ[2]のヴァリエーションである

 (出典:wikipediaより)

 

古典ヨガはエクササイズではなく、ヒンドゥー教バラモン教仏教ジャイナ教の修行法の一つ。キリスト教でも取り入れられていたとも言われています。

 

ヨーガという語が見出される最も古い書物は、紀元前800年~紀元前500年の
「古ウパニシャッド初期」に成立した『タイッティリーヤ・ウパニシャッド

ウパニシャッドとは、サンスクリット語で書かれている書物で、一般には奥義書と訳されています。

 

紀元前350年~紀元前300年頃に成立したとされる『カタ・ウパニシャッド』には、

 

『感官の確かな制御がヨーガである』

 

というヨーガの最古の説明が記されています。

 

f:id:manoyoga:20160829232123j:image

《滝修行中のMANO in リシケシ》

 

ヨガをする。学ぶっていうのは、

とにかく幅広く、深い。

 

まだまだ修行中の身だし、答えなんてないです。

 ヨガの勉強をし始めた時に自分の心に気付いたっていうのは

 

「自我」が何なのかとか、改めて考え、理解しようとしていると、客観的に自分を見つめれるようになった。

 客観的に見ればみるほど

 

心と体が ”=” じゃない時に気づく

 

頭=思考

心=感じる

体=動かす

 

すべてが思い通りに生きていくのは容易なことではないです。

実際は「難しい」と思っているだけで、すごーくシンプルで簡単なことなのかもしれない。

 

けど、今の私には難しい。

 

できないものはできないって思うのをポジティブに生きようとか、

プラス思考にするっていうのは、一種のトレーニングはできても、変わることがてきない部分もあるわけです。

 

本来の自分の心の声を聞くには、

ちゃんと耳を傾けないといけない。

 

自分の心に、体に。

 

この感情はどこからくるのか?

遠慮や謙虚さ?

自信のなさ?

自意識過剰??

 

いろんなことに気づきます。

そして、そうなった原因にも行き着く。

 

家族

恋人

仕事

 

本当はこうしたい

でも、いや、違う???

 

生きるってなに?

 

自問自答の繰り返し。

瞑想でもなんでもないですよ。

ただ向き合う時間。

 

f:id:manoyoga:20160830175608j:image

大人になるとこういう時間どんどん取らなくなるし

意識的に時間取らない限り、取れない。

 

時間をとるだけだと、スマホみちゃったり、向き合うことから逃げてしまう。

 

そんなときにヨガ・・・意識した呼吸と体を動かす

 

そうすると

 

感情が一旦止まるというか、、、

振り子のように一定のペースに戻るというか。

 

大きくも小さくもある揺れが均等になっていくイメージなんです。

 

だから。ヨガが好きになった。

ヨガを伝えたいと思った。

 

もっと自分の心の声、体の声、

みんな聞いたほうがいいよって。

 

考えることはみんな十分できてるから

頭を使うのは一回やめる。

 

「感じる」

 

とっても大事。

 

2016.08.29 

心はインドにまだあるMANOでした

 

 

 

 

リシケシでヨガ① Ananda Prakash

みなさま こんばんは。

本日インドから無事帰国しましたーーー

 

MANOです。

 

あちらでWiFi環境がすこぶる不安定で、Facebook以外更新できずでしたので、

徐々にインド旅行記的なことも書きながら、ヨガのことも書いていこうと思います。

 

さて、今日は私がリシケシで一番参加したYOGAここです。

 

ANAND PRAKASH 《アーナンダプラカーシュ》

f:id:manoyoga:20160829231832j:image

私も3日目から滞在していた、 キイロイ家 Yellow guest house の
すぐ近くにあるヨガアシュラムです。
 
ここは「地球の歩き方」にも載っていたり、ネットで『リシケシ ヨガ』
で検索すると出てくる代表的なヨガスタジオの一つ。
 
リシケシでは2007年オープン。まだ新しい8年ちょっと
 
ヨガクラスの評判もなかなか良かったので一番行きたかったところ。
 
そして、本当はここのアシュラムに泊まりたかったのですが、あいにく満室だったので断念。。。
 
相部屋なら空いてるよっていわれたんですが、
さすがに相部屋は無理だなーーーと思って断念しました。
(貴重品の管理とかが気を遣いすぎてしんどい)
 
 
さて本題。
ヨガクラスについて
 
ここのヨガは比較的どのレベルの方も参加しやすいと思います。
呼吸、アーサナもわかりやすい、マントラを唱えたりもありますが、
マントラは先生のあとに続けて唱えるので、知らなくてもなんの問題もないです。
 
クラスの進め方もいいペース。
ハードすぎず、緩すぎず。
キープ時間もそんなに長くない。
参加人数も多いので、あまり人目も気にせず自分のペースでできる。
何より空間が素晴らしく心地よい!!!!!
 
個人的に徐々に体を慣らしていく感じがすごく心地よかったです。
 
レッスンは英語行われますが、聞き取りやすい、動きやすい。

アジャストはめちゃくちゃ間違ってたりしたらしてくれたり、

初心者で明らかに無理そうな人にはあえた触らなかったり。

 

公式HPにもありますが

Akhanda Yoga はホリスティックなヨガを目的としています。

様々なヨガの方向性をバランスよく取り入れた統合的なヨガ


このヨガのスタイル

「全体・不可分」という意味を持つ「アカンダヨガ」と名づけているようです。

 

この意向に納得。

すごく気持ち良く自分のペースでレッスンに参加できました。

 

なにより、一番印象的だったのは最後のシャバーサナ(横になって瞑想)の前に

みんなで天井むいたまま ”笑う” こと。

 

照れたりとかせず、大声で笑って、リラックスしてシャバーサナにはいる。

 

新しかった。

そして気持ちよかったです。

f:id:manoyoga:20160829231935j:image

これ日本だったらこんなに笑う人いないんじゃないかなー

恥ずかしくてみんなこんなに声出して笑わないだろうなー

 

なんてことも思ってました。

 海外だからできるのかも?とも思いました。

 

そうそう。大事なこと忘れてた。

旅行者の気になるヨガマットのことね。

f:id:manoyoga:20160829231833j:image

ヨガマットは自分のものを持参しても、ここにあるのを借りてもよし。

ボルスター、クッションも自由に使えます。

 

マットは日本みたいに拭いてしまってあるわけじゃないのでそういうのが

気になる人はmyタオルを敷くとか、myマット持ってきていた方がいいと思います。

 

マットも300〜400ルピーくらいでそのへんで買えるので、

私は買って、持って行ってました。

(帰り持って帰るのも邪魔なので寄付しました)

 

と、いうわけでリシケシでとりあえずヨガしたい!
そう思った方は最初にここどうぞ!!!!
 
《YOGA CLASS FEE》  200ルピー
    morning yoga  6:00〜 7:45
    evening yoga   16:00〜17:45
 
Ananda Prakash Yoga Ashram
P.O. Tapovan、Shivananda Nagar (Rishikesh)
Pin 249192、Tehri Garwal (U.K.) INDIA

Ph - 91-135-2442344
Mob - 91-(0)-9411548541
Email - anandprakashashram@gmail.com
http://anandprakashashram.com
 
 
ちなみにアシュラムに宿泊した場合のスケジュール
  • 5:00-5:45am – Individual Meditation
  • 6:00-7:45am – Yoga Class: asana, pranayama, mantra and meditation(not on Sunday)
  • 8:00am – Agnihotra (fire puja)
  • 8:30-9:00am – Breakfast
  • 12:30pm – Lunch
  • 4:00-5:45pm – Yoga Class: asana, pranayama, mantra and meditation (not on Sunday)
  • 6:00pm – Dinner
  • 7:00-8:00pm – Kirtan / Chanting (Tuesday & Thursday)

Note that meal times may be subject to change.

 

リシケシでYOGA part.1 アーナンダプラカーシュ でした。

 

ヨガで気付いたカラダのこと

私がヨガと出会ってきづいたこと。

 
1つ目はカラダを動かすことが人間にとって最も大事ってこと。
f:id:manoyoga:20160824200641j:image
 
声を大にしていいたい。
 
最も  です!
 
その理由を書いてみようと思います。
 
実は私はこう見えて
 
THE インドア派 なんですね。
 
学生の時も演劇部、手芸部、軽音部と文化部ばかり
 
小学生の時は化学部?とオセロ部?
化学反応でスライム作ったり、オセロしたりしてました。
 
かといってオセロは今でも弱いんですけど(笑)
 
体育の時間は好きだし、運動神経悪くはなかったようなんです。
 
そういえば、水泳やスキー、スケートも習ってた
 
でも続いてない。
 
唯一続いたのはピアノ。
3歳〜13歳の10年でしたが、練習が嫌いすぎてやめました。
 
短大2年、専門学校2年
仕事も2年アパレル
 
3つ目の仕事でエステという職に就き、そこから美と健康の道。
 
今年で8年目。
 
もう少しでやっとピアノ超えるわけですが(笑)
 
何が言いたいかって?
 
定期的に身体を動かしてないわけですよ。ずっと。
 
それに気づいて、28歳の時にヨガ始めたんですけどね。
 
やり始めて、ヨガの後のカラダのすっきり感。楽さにびっくりしたんです。
 
けっこうしんどいポーズもするのに。
あれ?なんだこれ?って
 
私は高校生の時から肩こり、首のズレと違和感には悩まされており、父親の治療で来ていた整体の先生の施述を一緒に受けさせてもらってました。
(今思えば保険もきかない整体なので高校生がするには高すぎる治療です。親に感謝ですね!)
 
大学生の時の不規則すぎる生活のなかでもなんとか耐えてきたカラダが、20歳で始めた一人暮らし、慣れない生活などで一気に崩れました。
 
これに加えて着物を縫う時の姿勢の悪さ、不摂生でどんどん首は悪化。
 
そして海外出張まみれのアパレルの仕事からのエステティシャン。
 
もうね。何やってもカラダが楽になることなんてなかったです。
 
唯一、マッサージを受けに行くことや整体に通うことでマシになることはあっても、もって1ヶ月。
 
それが、ヨガを始めてから変わったんです。
 
カラダが楽になる
しんどくない
自分のカラダを自分が支えている感覚。
 
整体やマッサージに行けない月があっても耐えれるくらいになりました。
 
人にマッサージしてもらう、触ってもらう、
カラダの中から体をつくる食べ物は間違いなく絶対大事です。
 
でもそれと同じかその前の基本
 
自らのカラダを
自らの力で動かす習慣
 
動かせるカラダがある以上
忙しくても、運動が嫌いでも、苦手でも、時間がなくても
 
動かさないといけない。
運動が必要なんです。
 
それに気づきました。
 
すっごいシンプルだし、当たり前のことなんですけどね。
 
でも、現代人って、とくに日本人はまず働きすぎなんです。じっと机の上で同じ姿勢の人が多すぎる。
 
その上、スマホ中毒
ストレス発散といえば飲みやスマホゲーム、インドアな人が多い。
 
時間の使い方、自分のための時間、自分の体と保つ時間を取ってなさすぎだと思うんです。
 
すぐに人や物に頼ってしまう癖もついてます。
 
エステやリラクゼーション、接骨院なども多く、安価で手軽に受けれるようになった分、自分で動かすこと忘れてませんか?
 
肩こり、首こり、腰痛、偏頭痛、慢性疲労、肥満、ストレス、自律神経失調症、鬱
 
これらの解消法の一番は体を動かすこと。
 
好きなスポーツある人はそれでいいし、何やっていいかわからない人はヨガをするのも一つの方法じゃないかなって思います。
 
 

ヨガとの出会い

f:id:manoyoga:20160822005949j:image

 
こんばんは。MANOです。
ヨガだけのブログつくりました。
 
ただいま、インド滞在中。
インドからはこちらのブログでお届けします。
 
さて。今回インド訪問は2度目です。
9年前にコルカタカルカッタ)に仕事で4日くらいかな?行ったことがあります。
 
アパレルの仕事してたので、取引先がインドにもあったため、視察?で行ったのです。
 
今回はヨガを目的で来てます。
 
ヨガをお伝えする上で、インドという国、聖地と言われるリシケシのヨガを受けてみたかったから。
 
資格取得のためではありません。
 
MANOのヨガとの出会いから今まで。
あまり語ることがなかったので、このインド訪問をきっかけに少しずつ書いてみようと思いました。
 
今日の本題。
 
「MANO、ヨガとの出会い」
 
4年前、30歳を控えてカラダの変化に追いつけない自分と向き合った時に運動習慣をつけたいと思い、
 
ヨガ、ダンス、ピラティスの体験レッスンを受けました。
 
ヨガの最後の瞑想《シャバーサナ》が気持ちよかったのでヨガにしました。
 
めちゃ単純、、、(笑)
 
しかし、サロンをしていることから、決まった時間に定期的にヨガレッスンに通うというのは難しい、、、
 
だから集中して3ヶ月間ティーチャートレーニングを受け、基礎を学びました。
 
自分の運動習慣のために学びはじめたのですが、ヨガというものからの気づきが多すぎたこと、そして、学びを忘れないためにシェア(アウトプット)しよう!
 
と決めました。
 
そして、お友達や周りの方、お客様にお伝えしはじめ、MANO YOGAは始まりました。
 
ヨガを通して学ぶこと、ヨガの真髄とは?
 
身体能力、筋肉、骨、柔軟性のこと
ストレス、自律神経、病気の予防のこと
エネルギー、チャクラのこと
 
そしてMANOに欠かせないキーワード
 
「背中」
 
にも繋がりました。
 
ヨガを知ったことで、今まで生きてきたこと、ものごとの捉え方や感じ方が変わるのを感じました。
 
自分でも驚くくらいの興味と好奇心が溢れ、もっと学びたいと思い、4年が経ちました。
 
最初に教えてもらったこと。
 
ヨガを一言で言うと?
 
「生き方」
 
スポーツやダイエットでなく
瞑想、アーサナだけでもなく
 
すべてを含め「生き方」
 
学ぶことで気づく
そして、そのきっかけをつくる
 
それが 私にとってのYOGA
f:id:manoyoga:20160822015036j:image
 
なので、よく言われる
 
「ヨガの先生」
「ヨガ講師」
「ヨガインストラクター」
 
という響きが私はなんか違う。
 
「ヨガを教える人」ではなく、 
「ヨガを伝える人」と表現させてもらってます。
 
「伝える」ことでその方自身が「気づく」きっかけとしてMANOという存在とYOGAがある、、のかなと。
 
MANO YOGA
 
きっとこれからも必要な方に出会えることを心から祈って
 
インドより
2016.08.21 MANO
f:id:manoyoga:20160822005950j:image