読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MANOとヨガとインドのこと

MANOのヨガのことをつらつらと書いています

手塚治虫のブッダ

みなさま こんばんは。

まーのです。

 

インドブログ、だいぶ日が経ちました。

書きたいと思ったときにちゃんと書きたいので、

毎日更新とかはしませんが、内容のあるもの書いていければと思います。

 

今日は、最近見た映画のお話

手塚治虫ブッダ

f:id:manoyoga:20161020180246j:plain

公開のときに、すごく見たかったのに、タイトルが思い出せず。。。

ずっと探していたら、amazonプライムで見れるようになっていたのを

たまたま発見しました。

 

話の内容はwikipediaがまとめてくれています↓

ブッダ (漫画) - Wikipediaより
ブッダ』(BUDDHA)は、手塚治虫による日本漫画作品。潮出版社少年漫画雑誌希望の友』(後に『少年ワールド』→『コミックトム』と改題)にて、1972年から1983年まで連載された。
一般に“釈迦”・“”・“ゴータマ・ブッダ”等と呼ばれる仏教開祖で、釈迦族の王子ガウタマ・シッダールタ(本作ではゴータマ・シッダルタと表記)のとしての生涯を描いた仏教のストーリー。実在した人物と手塚治虫の創作した人物が入り乱れ独自の世界観で貫かれている。元々手塚の漫画『火の鳥』の一編として「火の鳥 東洋編」の名前で潮出版社から企画されたものであった[1]。そのため火の鳥からの共通する登場人物が数人いる。2010年12月時点で単行本の発行部数が2000万部を超える売上となっている[2][3][4][5][6][7]アメリカ合衆国でも高い評価を受けており、2004年および2005年アイズナー賞最優秀国際作品部門を受賞した。2010年7月に『手塚治虫ブッダ』の題名で全3部作としてアニメ映画化されることが発表され[8]2011年5月28日に第1部が公開、2014年2月8日に第2部が公開された。

あまり知らずに見たのですが、

インド、ヒマラヤが舞台の仏教の開祖の僧がシッダールタ・・・

 

ゴータマ・ブッダ=シッダールタ

 

あれ・・・・

 

ブッダで出てくる登場人物の名前があの本と一致する・・・

 

あら!まさか!

 

と、、、

 

遅。。。

 

私、、、気づいたんです。

 

と言うのも、

インドに行く前に中谷美紀の「インド旅行記 北インド編」を読んだのです。

インド旅行記〈1〉北インド編 (幻冬舎文庫)

インド旅行記〈1〉北インド編 (幻冬舎文庫)

 

 この時、中谷美紀さんがインドに持って行った本が「シッダールタ」

だと書いてあったので、真似して、私も買って持って行ってみたんです(笑)

 

この本がね、薄いのに全然読み進めれないんです。

眠くなる眠くなる。

このページ数で読み切るのに5日くらいかかりました。

 

インドの自分の部屋で何度も開いては寝て、開いては寝て、、、

 

そして、意味がわからないことがたくさんあって、読み終えたものの

まったく理解できていない。

 

最近2回目を読み始めたところでした。

シッダールタ (新潮文庫)

シッダールタ (新潮文庫)

 

 

ゴータマ・ブッダ は知っていたんです。

シッダールタは知らなかった。。。

 

という発見のあったブッダ

 

見やすいです。

インドだけど、手塚治虫のイラストなので、身近に感じます。

なんか違う意味で美しく、ブッダのこと、仏教について、

そしてヨガについても通づるものがあるので、入りやすいです。

 

いろんなことを感じますが、

「生きること」を丁寧に教えてくれる。

鵜呑みにしろというわけではなく、

 

世界に存在するものそれぞれ

「生きる意味」「死ぬ意味」があり、

繰り返されていることが描かれています。

 

自分の周りに起こるすべてのことがメッセージであり、

意味があることなんだと。

 

柔らかく教えてくれる話です。

 

漫画は11年も連載されていたようで、

手塚治虫の漫画の中でも力の入れようは半端なかったようです。

全12巻なので、一気に読める時、気愛があるときに読んでみたいと思います。

 

ちなみに2014年にはブッダも公開されております。

f:id:manoyoga:20161020183008j:plain

 

是非見ていただきたい。

ブッダ2の主題歌が浜崎あゆみの「pray」という曲。

これがまたいい曲です。

 

すぐにiTunesで買ってしまいました。

予告編でも流れるので是非ご覧ください。


映画『BUDDHA2 手塚治虫のブッダ-終わりなき旅-』予告編

 

MANOでした。

 

ヨガを通して気づいた究極のシンプルとは

おはようございます。今日は満月です。

 

今日は朝からヨガを受けてきました。

背中と首の調子が悪かったので、すごく流れが良くなりました。

 

満月前後は特に体調が万全でないことが多い。

女性ホルモンと月の影響を私は受けやすいので

 

塞ぎ込みやすい

イライラしやすい

 

ヨガをするとすっきりします。

自分でするのと人のを受けるのは全く違う。やっぱりヨガを受けるの好きです。

 

さて、今日受けてきたのシヴァナンダヨガというヨガです。

今年5月にイタリアのお勉強のときにご一緒させていただいた先生がシヴァナンダヨガの先生をされています。

 

4ヶ月経ち、やっと初めて行かせていただくことができました。

 

シヴァナンダヨガについてはまた書くとして、

今日は私がヨガを通して ”究極のシンプル” てこと。

 

今年の5月、イタリアにドナという先生のヨガを学びに行きました。


前情報はほぼなし。

 

ただ、すごい人っていうのだけ聞いて、行ってしまった(笑)

私は行動力だけはあるので、ピンときたらGO! なのです。

 

でね、そこで衝撃を受けたのです。

一言でいうと、

 

ちょーシンプル

 

いるものはいる。

いらないものはいらない。

 

これがはっきりしている。

 

いるものに関しての執着心と突き詰める力、のめり込む力

そして、自分の中に入れ、それをまた研ぎ澄ます、削ぎ落とす。

 

ここでいうとヨガを安全に正しくpracticeすることに絞って考える

 

ドナのそのマニアックさがすさまじい。

 

解剖学や注目するポイント、気をつけることはいたってシンプル。

 

この気持ちいいくらいのシンプルさには出会ったことがありませんでした。

 

日本人かそうでないか、という違いももちろんあると思いますが、

そんなレベルじゃない。

 

ただただ圧倒。

 

授業の内容もですが、時間もそう。

 

朝  9:00〜12:30

昼 15:00〜16:30

 

普通ね、TT(ティーチャーズトレーニングと言われるヨガのトレーニング)で

この短い時間×7日間ってなかなかないです。

 

だいたい1日8時間とかです。

休憩は1時間。

 

それがこのスケジュール。

 

最初聞いた時は

え??ってなりました。

短くない??

 

でも実際受けてみると、これでいっぱいいっぱい。

これ以上あると噛み砕く時間も、復習の時間もない。むしろ足らない。

 

人間の集中力ってこんなもん。

ここまでお見通しなんだな。って感じました。

 

一つのことに集中して勉強する、練習する。

近年、日本人は資格文化が激しいこともあり、短期集中の勉強法が多いように思うのです。

 

私は着物の専門学校に行っていました。

着物業界でたとえば和裁士。

一人前になるまで最低10年

 

学校は2〜3年です。

7年は実務経験を積んではじめて一人前

というよりここでスタート地点に立てると言われました。

 

そのときのことを思い出したのです。

そして、今更本当の意味がわかってきた。


技術職だから

伝統文化だから

着物だから


って思ってた気がする。


短期間に集中して学ぶことの限界。

「誰から」「何を」学ぶのかの本当の意味での重要性。

 

自分に ”足りていないもの” を探すクセがある。

それは ”外から足すもの” で満たされると思っていた。

 

でも ”足りている” という認識のなかで、

自分自身が中から ”満たしていく” ことが本当は必要だった。

 

それが ”足りている” 状態をつくる。

 

私という人間の持てる限界

”外から得たもの” でのキャパはもう、いっぱいいっぱいなんだってことに気づいたのです。

 

”足りている” ことに気づけず ”足し続け” てきた。

 

”もっともっと突き詰める” そして ”削ぎ落とす” 

 

これには時間と集中力、そして無駄なことをしないというシンプルな生き方が 必要。


だって時間は有限だから。


ドナから学んだ ”シンプルさ” 


私の中に今年最初の爆弾が落ちた瞬間でした。

 

究極のシンプルとは

【一度すべてを取り込み、噛み砕き、そぎ落としたものにしか存在しない】

 

改めて今日これを思い出させていくれた、NORIKO先生に心から感謝。

私にとっては日本のドナです(笑)

 

MANOでした。

f:id:manoyoga:20160917131006j:image

 

 

 

 

インドのチャイ事情

みなさま こんにちは。まーのです。

忘れないうちにインドの話たくさん書かないと(笑)

 

さて、今日はチャイのお話。

 

チャイはご存知の通りインドのミルクティーです。葉っぱから煮出すので、いわゆるこちらで言うとロイヤルミルクティーですね。

 

カルカッタコルカタ)に行った時も思ったんだけど、インドで飲むチャイはなぜかめちゃくちゃ美味しい。

 

甘いからなのかな?(笑)

 

そもそもインドのチャイは紅茶の茶葉のイギリスの植民地時代に良質な紅茶は全てイギリスに送られてしまい、ダストティーと呼ばれる細かいホコリのような安価の茶葉を、美味しく飲むために考えられたものが、チャイだったのです。

 

高級な茶葉では、美味しいチャイは作れない。

 

…納得!!

(何度かやってみて全然美味しくなかったんですよね)

 

そしてお店に行くと

 

チャイ

マサラチャイ

 

2種類あることが多いです。

違いははっきりとは決まってないらしいのですが、香辛料の有無です。

 

チャイは香辛料なし。

マサラチャイは香辛料あり。

 

【チャイ=香辛料ミルクティー 】と思っていたので、ちょっと驚きでした。

 

そして香辛料以外の特徴は、とにかく甘い!!

 

めちゃくちゃ甘いです(笑)

だから小さいカップでお菓子感覚で飲むのがインドでの飲み方。マグカップで飲もうものなら甘すぎて酔ってしまうかも。

 

今回の旅では8〜10回チャイを飲みました。

全部それぞれ美味しかったのだけど、一番おいしかったのが

 

↓↓写真のとこ。

デリーの露店で飲んだチャイでした。

 

これね、美味しすぎて

作り方もジーーーーっと見つめていたので、完コピしました!!(はず)

 

機会があれば私のチャイ召し上がってくださいねー

 

あ、ちなみにインドのチャイのお値段はレストランやカフェでは平均20ルピー、マサラチャイが30~40ルピー

 

中級ホテルだと60ルピー

高級ホテルは不明(笑)

 

露店は10ルピーでした。

 

10ルピーってね、、18円くらい(笑)

そりゃ何杯も飲むでしょ!!!!

 

チャイが改めて好きになりすぎた

MANOでした。

f:id:manoyoga:20160908180149j:image

 
 
 
 

ヨガをすると出る言葉

みなさま こんばんは。MANOです。

今日はお昼からマンツーマンのヨガでした。(あっ教える方です)

 

今日の方はインドから帰ってきてからは初めての日。

 

帰ってきてからのヨガは必ずマントラを唱えるようにしていたり、

 

はじめに長めの瞑想(と言っていいのかわかりませんが何もしない)時間をとります。

 

音は無音でもいいのですが、マントラやヒーリングミュージックをかけます。

 

インドでは基本BGMはないんですが、日本では非現実的な時間と空間へ、少しでも早く切り替えれるように流してます。

 

心を落ち着けてから、スタートする。

 

今までマンツーマンでも90分だったのですが、インドでは基本が120分。

 

すごくゆっくり、そして流れがあるようでない(笑)

 

その感じがすごく好きだったので、最初の瞑想で相手から感じるものをちゃんと受け取って、

 

今日すべきヨガ、動き、伝えることをまとめてます。

 

呼吸法が長いときもあれば、ストレッチが長いときもある、筋トレ?くらいキツイ時も。

 

いつも違います。

同じこともあるけどいつも違う。

 

それはいつも目の前にいる方の状態が違うから。

 

でも、最後のシャバーサナ(屍)は必ずやってくる。

 

一度、人間であることも忘れる。

人の身体という【器】にある【意識】を抜く感じ。

 

そして終わるとまたその身体でもう一度【生き還る】

 

途中、どれだけしんどくても、汗かいても、痛いところがあっても、

 

最後、今日のヨガを終える瞬間は

 

「スッキリしたぁぁぁ〜」

 

ってなるわけです。

 

そしてもう一度この瞬間に戻りたくなるから続くヨガ。

 

ヨガしてるときって、なんて幸せなんだろう。っていつも思います。お客様がスッキリしていると同時に私もなぜかスッキリする。

 

不思議なんです。

大好きなんです。

 

もっとみんなに知ってほしいな。

このスッキリ。

 

そんなことを思ったのでした。

 

あ、毎回内容が違うとか、同じだからダメとかそういうことではないです。

私がそうしているだけで、同じほうがいい場合も、決まった形があるヨガもあるので、誤解しないでくださいね。

 

f:id:manoyoga:20160915003300j:image 

 

 

 

pray, meditation~祈りと瞑想について~

みなさま こんばんは。
MANOです。
 
先日書いた映画の話
 
この映画すでにこの10日間で8回見ております。
馬鹿の一つ覚えのように見続けるわたしの変な癖で(笑)
 
そして、今日は劇中で好きなシーン
 
リズ(ジュリアロバーツ演じる主人公)がインドに行って瞑想しようとがんばってみるんだけど、
 
「ぜんぜん瞑想できない!」
「集中できない」
「雑念が・・・」
 
それが、アシュラムで現地の女の子と友達になり、その子が意にそぐわない結婚をしないといけないということを聞きます。その結婚式までのカウントダウン。
 
毎朝の祈りが苦手だったリズはその「女の子の幸せのために祈る」なら最後まで出来るようになるのです。
 
さて、
今日は何の話かっていうと「祈り」と「瞑想」のお話。
 
”祈る”っていうと「神様」に祈る
”瞑想”っていうと「心を無にして自分と向き合う」「心を落ち着ける」
そんなイメージかな?
 
 
”瞑想” とは・・・
瞑想(めいそう、英:Meditation)とは、を静めてに祈ったり、何かに心を集中させること、心を静めて無心になること、目を閉じて深く静かに思いをめぐらすことである。この呼称は、単に心身の静寂を取り戻すために行うような比較的日常的なものから、絶対者()をありありと体感したり、究極の智慧を得るようなものまで、広い範囲に用いられる。
 
瞑想の「無」になるってね、境地なんですよ。
ほとんどの方が無理です(笑)
瞑想をしているクラスに参加したり、一人でやってみても、絶対何か考えるし、考えないという概念自体が「寝ている」瞬間以外は無意識下で行われているので、やっぱりかなりの修行というか、訓練?が必要なのが 瞑想 なんだと思います。
 
ちなみに、私は瞑想では基本、、寝てます、、、
 
では ”祈り” とは・・・?
祈り(いのり)とは、などの人間を超える神格化されたものに対して、何かの実現を願うことである[1]祈祷、きとう)、祈願(きがん)ともいう[2]儀式を通して行う場合は礼拝(れいはい)ともいう。
 
なんか単発的な感じですが、日本ではどこかに行った時、何かが起こった時(厄払いとか)にしかしないのが祈りのイメージ。
 
神様を一人に絞らない(これはインドもたくさん神様いるのでいいんですよ)
多宗教、無宗教の方が多い日本ではあまり馴染みがないのかもしれない
 
ピンチになった時だけ、神様なんていなーーーい!!
クリスマスの時だけキリストの誕生日をお祝い
お寺に行けば仏像に手を合わせる
初詣は神社(なんの神社でなんていう神様か知らない)
 
でも、人のためには誰でも祈れる。
病気の人、助けたい人、誰かに○○なってほしい!(受験合格してほしいなど)
毎日でも、毎時間でも祈ることってできてしまうんです。
 
自分のために祈る習慣を身につけることをお勧めしたいけど、難しい人は人のため、大切な人を浮かべて毎日1分でも2分でも”祈り”の時間を作っていただけたらなと思ったのでした。
 
わざわざ瞑想の本を買ってやってみるより、毎日の祈り。
 
それが、瞑想の時間につながり、心を落ち着け、日々の幸せや充実感を感じることにつながるんじゃないかな。
 
そんなことを思ったのでした。
インドでもそれはとっても感じたからね。
 
自分のために”祈る” ・・・ 気まぐれで続かない
人のために”祈る” ・・・ 毎日でもできる
 
 今日は誰のために祈って1日を始めますか?
 
MANO
 今度はインドの神様のこと書きますね。
f:id:manoyoga:20160908175905j:image

リシケシでヨガ② YOGA VINI

みなさま こんにちは。

MANOです。

 

インドでヨガ

インドの中でもヨガの聖地と言われているのがRishikesh (リシケシ)

 

そこでヨガをしたくて今回インドに行った訳ですが。

当初、1ヶ月のTTを受けに行こうと計画していたのを取りやめて、10日に短縮したので、そんなに数多くは受けておりません。

 

そして、リシケシでのヨガで1番、2番を競うくらい良い評価だったのが

 

YOGA VINI ヨガビニ

f:id:manoyoga:20160904150942j:image

ここは大阪の中津にもスタジオがあるんです。

そこも何度か受けさせていただいたことがあり、VINI先生にもお会いしたことがあるので、ここには絶対行きたい!と思って行ってきました。

 

行ったのが帰る2日前のevening yoga

1度受けただけで日本の方に評判が良い理由がわかりました。

この日は VINI先生のお兄さんが教えてくださったんですが

 

ドロップインの毎日のヨガと思えないくらい濃い内容。

しっかりとした理論も交えた、アーサナのとりかた。

デモとプロップスを使って安全なアーサナのとりかた。

 

ヨガ哲学

マントラ

 

総合評価ではかなり高い!!!!!

すごい満足感!!!!!

 

一緒に受けていた方もほぼ旅行者の方だったのですが、

感動してらっしゃいました!

逆にこういう教え方をされたことがなくてconfused!!ってなってた方も(笑)

でもいい意味のconfuseですよ。

 

ほんと、ただただ素晴らしい。

 

きっと探したらあるんだろうけど、

初心者の方で、インドでヨガ受けてて、力づくでポーズやったり、キープしたり

え?こんなにしんどいの?

なーんて方、ちょっと一回受けに行ってみて。

 

そんな感じ。

 

流れるようなヴィンヤサフローが好きな人はちょっと違うかも?

でもすごくいい〜〜

 

太陽礼拝もしますから、ヴィンヤサフローがないわけでもない〜〜

 

経験者の方にもすごくおすすめです。

 

VINI先生がいらっしゃる時でしたら日本語も話されます。

お兄さんも簡単な日本語は話せるので、安心して受けれますよん

 

途中で大雨というか豪雨?雷雨で雨漏り、停電の中のヨガ。

貴重な体験でした(笑)

 

 

《YOGA CLASS FEE》200ルピー

morning yoga  7:30〜10:00

biginers yoga class 11:30〜 (時期によって違う?)

evening yoga 17:30〜20:00

 

YOGA VINI  Drop inn  RPS 200

ラクシュマンジューラーの橋のふもとにあるので、すぐわかりますよ

 公式HP↓↓

yogavinirishikesh.com

 

MANOでした

 f:id:manoyoga:20160904151030j:image

食べて、祈って、恋をして

みなさま こんばんは。

MANOです。

インドにいるときに、ふと観たくなった映画がありました。

eat pray love食べて、祈って、恋をして

「食べて祈って恋をして」の画像検索結果 

2010年に公開されたジュリア・ロバーツ主演の映画。

前に観たことがあったけどあんまり鮮明には記憶になくて、覚えていたのは

 

”イタリアのピザが食べたくなったこと”

”インドで瞑想してみたいと思ったこと”

 

インドで瞑想しながら、ジュリアロバーツのシーンが頭を横切ったんです。

帰ったら観ようと思ったんです。

 

そして、改めて見るとイタリアで食べて、インドで祈って、バリで恋をする!

っていう映画だったんですね。

 

わーお!

 

数年前にバリに行き、薬療師のクトゥに出会って、また戻ってくるって言われる。

そして、最後戻るわけなんですが。。。

 

なにが驚いたってね。

 

私が一番好きな場所がバリ島だから。

そう、アレで行ったのがバリ島です。

 

そして、今年

イタリアに行き、インドに行った、、、

 

あれ??

 

次はバリだ!って決めてたんですけど、それがスーッと落ちてきた。

 

実はこの原作の著者 エリザベス・ギルバート の実話でもあるこの話。

他人事でもないのかもしれない。

 

映画なので、綺麗に収まりすぎているところや、美しく描かれているところも多いのだけど、この映画の一番のポイントは

 

セリフ!!!!

 

めちゃくちゃ心に響く。

 

たくさんあるんだけど、

今日はこの2つ。

 

バリ島の薬療師のクトゥ・リエのセリフ

 

 ”自分が幸せになるには、自分がまずどこにいるか常に知っている必要がある”

 

”愛のために自分のバランス(調和)が崩れてしまうことも、バランス(調和)のとれた人生の生き方の一部なんだよ、それも受け入れなさい”

 

映画って素晴らしい。

そのとき、その瞬間の自分の在り方で感じ方や受け取り方が変わる。

大まかに感じたことはもしかしたら同じかもしれない。

けど、最初に観たときにはきっと感じなかった(頭に残らなかった)ことがグサっと心に響く。

 

日本語字幕でみてたんですが、英語のセリフの響きが好きで、英語字幕で観たいからDVDをすぐに買いました(笑)

 

日本語字幕はamazonブライムで無料配信映画に入っているので、観たことない方、一生懸命毎日仕事を頑張っている女子、ぜひ観てみてください。


ジュリア・ロバーツ新作映画『食べて、祈って、恋をして』予告編

MANO